【&Buzzの口コミニュース】アドビの生成AI「Firefly」正式リリース、商用利用OK 無料でも利用可能 – ITmedia NEWS

&Buzzのビジネスニュース

アドビが生成AI「Adobe Firefly」の一般提供を開始

アドビは9月13日、生成AI「Adobe Firefly」の一般提供を開始しました。これまで6カ月間ほどβ版として提供していたFireflyは、商用利用が可能になりました。Fireflyは画像生成、テキスト効果、ベクター用の生成AIモデルを基盤としており、日本語を含む100以上の言語をサポートしています。

Fireflyの学習データは、アドビのストックフォト「Adobe Stock」の許諾済み写真や著作権が執行しているパブリックドメインの画像などを中心にしており、商用利用が可能な点が強みです。

コンテンツクレデンシャル機能とメタデータの付与

Fireflyで生成されるコンテンツには、コンテンツクレデンシャル機能があります。コンテンツの情報や編集内容などをメタデータとして付与し、誰でも参照できるようにします。

エンタープライズ版と知的財産(IP)の補償

アドビはFireflyのエンタープライズ版も提供開始しました。この版では、企業独自のアセットやブランド固有のコンテンツで生成AIモデルをカスタマイズすることができるほか、知的財産の補償も受けられます。既にグローバル企業での検証が進められています。

&Buzzの感想

&Buzzとしては、Adobe Fireflyの一般提供開始により、マーケティングやクリエイティブな分野での活用が期待されます。Fireflyの画像生成やテキスト効果の機能を搭載したAdobeの製品も提供されることで、より多くのユーザーが生成AIを利用できるようになります。また、エンタープライズ版では企業独自のアセットやブランド固有のコンテンツを活用できるため、さまざまな業界においてクリエイティブな活動が加速することでしょう。これからのFireflyの発展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Itmedia.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました