【&Buzzの口コミニュース】アジア人の肥満は重症新型コロナ転帰不良のリスク因子ではない可能性、国内多施設による共同研究報告|@DIME アットダイム

&Buzzのヘルスケアニュース

アジア人の肥満は、COVID-19重症化のリスク因子ではない可能性が示される。

国内の多施設共同研究によると、アジア人のCOVID-19重症患者で人工呼吸器を要した場合、肥満は転帰に影響を与えないことがわかった。これは、東京医科大学病院救命救急センターの下山京一郎氏らによる研究結果で、2023年7月24日に「Scientific Reports」に掲載された。

&Buzzとして言えるのは、この研究結果はアジア人のCOVID-19患者における肥満の重要性を再評価する必要があることを示しているということです。以前の報告では肥満が重症化リスク因子とされていましたが、今回の研究では肥満の有無が院内死亡や治療転帰に与える影響は見られませんでした。

しかしながら、この研究にはいくつかの制約があります。例えば、後方視的解析であることや、研究対象がアジア人のみであることなどです。したがって、より多くの研究が必要とされています。

&Buzzとしては、引き続きCOVID-19のリスク因子に関する研究を見守り、新たな知見が得られることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Dime.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました