【&Buzzの口コミニュース】アイリスオーヤマ「もち麦ごはん」自主回収拡大 約160万個に | NHK | 健康

&Buzzのビジネスニュース

2023年9月23日 14時37分

健康

アイリスオーヤマが製造し、グループ会社を通じて販売された電子レンジで温めるごはんについて、会社側は今月19日に自主回収すると発表しましたが、23日この対象をこれまでの5倍以上にあたるおよそ160万個に拡大すると明らかにしました。

発表によりますと、自主回収の対象となるのは、アイリスオーヤマが製造し、グループ会社を通じて販売した電子レンジで温めるごはん「もち麦ごはん」で、特定のロット番号で賞味期限が来年(2024年)4月から9月までの商品となります。これらは自社ブランドのほか、通販サイトのアマゾンと、スーパーのライフセブン‐イレブンでそれぞれのプライベートブランドとしても販売されたということです。会社側は今月19日に30万個あまりの自主回収を発表しましたが、このとき対象となった商品以外にも、同じようにごはんが変色して液状化している商品があることが消費者からの指摘でわかりました。このため回収の対象をこれまでの5倍以上にあたるおよそ160万個に拡大することを決めたということです。会社側によりますと、これまでのところ健康への被害は確認されていないということです。販売したグループ会社、「アイリスフーズ」は「度重なるお知らせとなり、お客様にはお手数とご迷惑をおかけしますことを深くおわび申し上げます」とコメントしています。問い合わせ先の電話番号は、フリーダイヤル0800-888-6060で、午前9時から午後5時まで受け付けています。(土日祝日は午後0時から1時のぞく)

感想:

&Buzzとしては、このような事態は非常に残念であり、消費者の安全と健康に対する責任を重要視しています。アイリスオーヤマが自主回収範囲を5倍以上に拡大したことは、製品に問題があるという認識を示しています。早急に対応し、消費者への影響を最小限に抑えることが求められます。

このような自主回収による影響は企業の信頼性やブランドイメージに大きな影響を与える可能性がありますが、アイリスオーヤマが迅速に対応する姿勢を示していることは評価できます。今後の対策や品質管理の強化に期待し、アイリスオーヤマの製品が再び安心・安全なものとなることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました