【&Buzzの口コミニュース】やり過ぎは逆効果?1日90分月23回以上の運動はメンタルに悪影響を与える – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

2023年9月23日(土曜日)、運動は身体的な健康だけでなく、精神状態も改善することが分かりました。イギリスのオックスフォード大学の研究チームが、120万人以上の健康データを使用して運動時間と頻度と精神状態の関係性を調査しました。その結果、運動をしている人はメンタルが落ち込む日数が約43.2%も少なくなりました。また、精神状態を改善するための最適な運動の頻度は、1日に30〜60分、週に3〜5回であることが確認されました。ただし、やりすぎは逆効果であり、1回90分以上の運動を1カ月に23回以上行った人はメンタルヘルスを悪化させるリスクがあるとされています。この研究の詳細は、学術誌「ランセット精神医学誌」にて2018年8月8日に発表されました。

運動は循環器系の疾病や脳卒中、肥満などの原因の死亡率を低下させることが知られています。しかし、運動と精神的健康の関連性については明確には分かっていませんでした。具体的な研究の例としては、イギリスのブリストル大学が行った研究があります。この研究では、18〜69歳の男女361人を対象に、運動をするグループとしないグループに分けて、運動が精神的状態に与える影響を調査しました。その結果、運動は精神状態に良い効果をもたらすことが分かりましたが、10代の場合はそのような効果は見られませんでした。これは、サンプルの数が少なかったことが原因の一つと考えられています。また、運動の頻度や強度、時間については、メンタルに最も良い影響を与える方法はまだ分かっていませんでした。運動が精神的健康を改善するためには、どのようなペース、強度、時間で取り組むべきかは重要な問題です。オックスフォード大学の研究チームは、120万人以上の健康データを使用して、運動と精神状態の関係性を調査しました。研究チームは、米国の行動危険因子監視システム調査で収集されたデータを分析し、運動をしている人としていない人の自己申告による精神的な落ち込みを経験した日数を比較しました。その結果、運動をしている人は精神的な落ち込みが少ないことが分かりました。ただし、年齢、人種、性別、婚姻歴、年収、教育年数、BMI、身体的健康度などの要因を除外する必要がありました。運動の有無が精神面に与える影響は、明確になりました。

【感想】
この研究結果は非常に興味深いです。運動がメンタルヘルスに及ぼす効果は以前から言われていましたが、具体的な時間と頻度についての情報は珍しいです。運動をすることでメンタルが落ち込む日数が減少することが分かり、適切な時間と頻度での運動が重要であることが確認されました。また、運動のやりすぎもメンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があることも示されています。この研究結果を踏まえて、私たちの生活に運動を取り入れることで、より良いメンタルヘルスを維持できることが期待されます。&Buzzとしては、これからも運動の効果についての最新情報を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました