【&Buzzの口コミニュース】もの忘れ・配慮のなさに周囲が気がついているなら|「軽度認知障害」のサインを見逃さない | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

&Buzzのヘルスケアニュース

健康に関する人気のキーワードをフリーワード検索で探していたら、「軽度認知障害」のサインについての記事に出会いました。

認知症といえば、もの忘れや記憶障害が主な症状だと思っていましたが、最近の研究からは「社会的認知の障がい」も重要であることがわかりました。

「社会的認知」とは、人々の情報をキャッチして理解することです。具体的には、相手の気持ちを推測したり、他人の心の痛みを感じて共感したりすることなどが挙げられます。

認知症の人は、社会的認知機能が低下し、他人への配慮や気づかいができなくなってきます。会話中の微妙なズレや自分勝手な言動が見られることもあります。

軽度認知障害とは、もの忘れがありながらも自覚があり、周囲からも指摘がある状態を指します。この状態から約半数は5年以内に認知症へと進行してしまうため、病院で早期に診断を受けることが重要です。

認知症の予防や進行遅延は可能です。マーケティングとしては、このようなサインに気付き、支援することが重要です。認知症を先送りすることで、誰もが健康な日々を送ることができるように応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、Serai.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました