【&Buzzの口コミニュース】まぶしがるのは要注意!「アデノウイルス」から子どもの目を守る方法【専門医に聞きました】 | kufura(クフラ)小学館公式

&Buzzのヘルスケアニュース

「プール熱」として知られるアデノウイルスは、特に夏に流行し、喉の症状や結膜などの症状が現れますが、実はどの季節でもどの人でも感染する可能性がある感染症です。特に子供の目を守るための方法について、眼科医の中村裕先生に聞きました。

子供と大人の目には大きな違いがあります。まず、免疫力の違いです。子供の免疫力は未熟であり、アデノウイルスに感染しやすいと言えます。また、10歳までは視力が発達しておらず、特に小学校入学前は重要な時期です。

子供がアデノウイルスに感染すると、黒目に傷がつき、目が赤くなり、まぶたが腫れ、目やにが出ます。感染経路は接触やくしゃみ、咳、排泄物などさまざまです。保育園や幼稚園、学校、職場など人が集まる場所でも感染が広がる可能性があるため、注意が必要です。

眼帯は子供の目を守るために絶対にしてはいけません。特に3歳未満の子供は、3日以上眼帯をするだけで視力に差が出ることがあります。視力の差は一度生まれたらリカバリーが難しく、治療にも影響を与えます。

アデノウイルスによる感染は強力で、感染後もまぶしい、見えづらいといった症状が残ることもあります。治療は早めに始めることが重要であり、眼科専門医を受診することをおすすめします。

感染症の予防には、タオルや寝具の別々の使用、頻繁な洗濯、感染者への目薬の投与時にゴム手袋の使用が必要です。また、定期的な眼科の受診や検診も重要です。中村先生は眼科検診はじっくり観察ができないため、眼科での検診をおすすめしています。

アデノウイルスの感染症は後遺症が残ることもあり、初期の段階で適切な治療が必要です。また、定期的な検診と予防策を行うことで、子供の目を守ることができます。&Buzzとしては、子供の目の健康に対して見守り、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Kufura.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました