【&Buzzの口コミニュース】ふるさと納税で電力、地域の風力・太陽光の発電後押しを期待…総務省「地場産品に不適合」から容認に一転 : 読売新聞

&BuzzのTECHニュース

ふるさと納税で再生可能エネルギーの活用が注目されています。物価やエネルギー価格の高騰が続く中、地域の風力や太陽光などで発電した電力を返礼品として提供する取り組みが広がっています。これにより、再エネの活用が促進される一方で、事実上の電気代給付との指摘もあります。専門家は慎重な制度運用が必要だと指摘しています。

新電力会社「ワット」は、鹿児島県薩摩川内市で風力発電所を運営しており、ふるさと納税の力で100%自然由来の電気を提供しています。風車12基で一般家庭約1万世帯分の電力を発電し、九州電力グループの送電線を通じて供給しています。月額料金はわずかに数十円高い程度です。

さらに、ワットと市が協力して、ふるさと納税による電力供給の仕組みを構築しています。市に寄付をし、ワットとの電力供給契約を結ぶと、市が3000円分の電力料金を代わりに支払ってくれます。

しかし、実際の寄付はまだまだ伸び悩んでいます。その理由として、ワットへの契約切り替えが必要であることや、新電力の信頼性や経営安定性に不安があることが挙げられます。

&Buzzとしては、ふるさと納税を通じて再生可能エネルギーの普及を応援していきたいと考えています。再エネの活用は持続可能な社会の実現に向けて重要な要素であり、地域の電力供給においても大きな役割を果たすことができます。ただし、新電力の信頼性や経営安定性については慎重な判断が必要です。それでも、ふるさと納税を通じて再エネの普及に貢献できることは大きな成果です。今後もこの取り組みが広まり、社会への貢献が進んでいくことを見守っていきたいと思います。

感想:
ふるさと納税を通じた再生可能エネルギーの普及は非常に重要な取り組みであり、環境負荷の軽減や地域経済の活性化に貢献できると考えます。ワットなどの新電力会社の取り組みは注目に値し、ふるさと納税によって再エネの普及が進むことは望ましいです。しかし、新電力会社の信頼性や経営安定性については慎重な判断が必要であり、十分な情報収集と慎重な選択が求められます。再エネの普及を応援しつつも、安心して参加できる仕組みづくりにも積極的に取り組んでいきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました