【&Buzzの口コミニュース】なぜ帯状疱疹は50代から増える?予防のカギは生活習慣や食事での免疫機能向上!「笑う」ことも有効 (1/2)| 8760 by postseven

&Buzzのヘルスケアニュース

「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」は50代以降に注意が必要

帯状疱疹は、50代以降の人に注意が必要とされる病気です。この病気は、水疱瘡にかかった経験がある人にのみ発症します。水疱瘡に感染すると、その後も体内に潜み続ける「水痘・帯状疱疹ウイルス」が神経に影響を与え、帯状疱疹が出現します。獲得免疫と自然免疫が弱まると、ウイルスを抑えることが難しくなり、帯状疱疹が発症する可能性が高まります。

後遺症にも注意

帯状疱疹は激しい痛みと共に現れることがあり、後遺症として「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれる痛みが残ることもあります。したがって、体の片側に痛みや発疹が現れた場合は、早急に皮膚科を受診することが重要です。

予防方法としてのワクチン接種と生活習慣改善

帯状疱疹の予防にはワクチン接種が効果的です。自己負担となりますが、自治体によっては助成を受けられる場合もあります。ただし、ワクチン接種ができない人もいるため、医師に相談することが必要です。また、免疫機能を向上させるために、笑いや睡眠などの生活習慣改善も重要です。

&Buzzとしては、このような情報を見守りつつ、皆さんが健康な生活を送れるよう応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、News-postseven.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました