【&Buzzの口コミニュース】とある既存の薬がアルツハイマー治療にも役立つ可能性 | ギズモード・ジャパン

&Buzzのヘルスケアニュース

最新の研究によると、多発性硬化症(MS)の治療薬であるポネシモドが、アルツハイマー病の治療にも有望であることが示唆されました。

アメリカのケンタッキー大学の科学チームが行った研究では、ポネシモドがアルツハイマー病の特徴であるアミロイドプラークの形成や炎症を抑える効果があることが発見されました。この成果から、アルツハイマーや他の神経変性疾患において重要な役割を持つ細胞受容体であるミクログリアが関与している可能性が浮上し、研究が進められました。

ミクログリアは脳の免疫反応を制御し、有害な老廃物を排出する働きを持っています。アルツハイマー病では、アミロイドβというタンパク質が脳に蓄積し、プラークと呼ばれる異常な塊を形成します。健康なミクログリアはこれを防ぐ役割を果たしますが、アルツハイマー病の進行によって機能不全に陥ったミクログリアが生産される可能性があります。

この研究では、過去の研究から、アミロイドβがミクログリア細胞に悪影響を及ぼしている可能性が示唆され、ポネシモドを使用してこの流れを阻止する効果を検証しました。実験では、アルツハイマー病の症状を発症したマウスとヒトのミクログリア細胞を使用し、ポネシモドが炎症を抑え、異常なアミロイドを排出する能力を高めることが確認されました。

この研究結果は、ポネシモドがアルツハイマー病治療に応用可能であることを示唆しており、研究のスピードを加速させる可能性があります。また、新たなアルツハイマー病のメカニズムを解明する可能性もあります。

&Buzzとしては、この研究結果は非常に興味深いものです。ポネシモドのアルツハイマー病治療への応用により、患者の症状を軽減する可能性があります。さらなる研究や治験の進行を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gizmodo.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました