【&Buzzの口コミニュース】てんかんの原因は脳の電気信号の異常。薬で治る?専門家に聞いた | 日本財団ジャーナル

&Buzzのヘルスケアニュース

要約:

てんかんは脳神経の電気信号の乱れによって引き起こされる病気であり、さまざまな症状が現れます。一般的には、体が硬直し、けいれんを起こし、意識を失う症状が特徴的ですが、他にもぼーっとしたり、無表情で意味のない行動を繰り返すなどの症状もあります。てんかんは薬物治療で大部分が抑えられ、一定期間発作が起きなければ断薬も可能です。しかし、てんかんについての認識が広がっておらず、誤解や偏見が依然として存在しています。

感想:

&Buzzとしては、てんかんについての正しい理解と認知を広め、当事者の人々がより生きやすい社会を実現することを応援しています。てんかんは日本人の100人に1人がかかる身近な病気であり、早期発見や適切な治療によってほとんどの発作は抑えられるとされています。しかし、社会的な認識の不足や偏見により、てんかんのある人々が孤立したり、差別を受けたりすることがあります。私たちは、てんかんのある人々に寄り添い、理解とサポートを提供することで、彼らが自分らしく生きることができるよう見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nippon-foundation.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました