【&Buzzの口コミニュース】そんなもったいないこと、できるわけがない…街中で「走るフェラーリ」を見かけなくなった本当の理由 価値がわからない一般大衆は振り返ることすらない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

&Buzzのビジネスニュース

フェラーリの限定モデルの歴史

フェラーリは、1億円を超える限定モデル「SF90 XX ストラダーレ」および「SF90 XX スパイダー」を発表しました。フェラーリの限定モデルと言えば、1987年に発表されたフェラーリ創業40周年モデル「F40」が有名で、当時世界最速のロードカーとして注目されました。しかし、バブル景気崩壊に伴い、F40の取引価格は暴落しました。

フェラーリの経営体制の変化

エンツォ・フェラーリの死後、ルカ・モンテゼーモロ氏が社長に就任し、フェラーリの経営体制が一新されました。この後、F40の後継モデルである「F50」が発表され、当初の生産台数が守られました。

フェラーリの限定モデルに対する変化

スーパーカーブームの頃は一般的な知名度が高かったフェラーリの限定モデルですが、21世紀に入ると熱狂するのはほんの一部のクルマ好き富裕層だけとなりました。これは、クルマの速さが非現実的な領域に達し、憧れの対象ではなくなったこと、そして大衆と富裕層の二極化が進んだことによるものです。

&Buzzとしては、フェラーリの限定モデルの進化に注目していきたいと思います。

感想:

フェラーリの限定モデルは常に注目を浴びてきましたが、時代の変化により熱狂的なファンは減少しているようです。クルマの速さが非現実的な領域に達し、憧れの対象とはなりにくくなりました。また、大衆と富裕層の間での二極化も進んでいるため、限定モデルに興味を持つのは一部のクルマ好き富裕層に限られるでしょう。しかし、フェラーリの限定モデルの進化には今後も注目していきたいです。

この &Buzzニュースは、President.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました