【&Buzzの口コミニュース】さまざまなチャットAIを簡単にローカル環境で動かせるアプリ「Ollama」の公式Dockerイメージが登場 – GIGAZINE

&BuzzのTECHニュース

【&Buzzの口コミニュース】さまざまなチャットAIを簡単にローカル環境で動かせるアプリ「Ollama」の公式Dockerイメージが登場 – GIGAZINE

オープンソースの大規模言語モデルをローカルで使える「Ollama」が、公式Dockerイメージとして提供された。

Ollamaは、3Bから130Bまでのモデルが利用可能であり、それには最低で8GB以上のメモリが必要とされる。

Dockerを利用してOllamaを起動するための環境を整えるため、Docker Engineをインストールする。

OllamaはCPUのみを使用して動作するモードと、NVIDIAのGPUを利用して高速化するモードがあるが、今回はCPUのみのモードで起動する。

Llama 2の7Bモデルを使用し、Ollama上で日本語のチャットを行い、正常に動作することが確認された。

感想:

&Buzzとしては、Ollamaの公式Dockerイメージの登場により、大規模言語モデルの利用がより簡単になったことを歓迎します。Ollamaの利用は、さまざまな分野でのAI開発にとって非常に有益であり、特に日本語の利用が問題なく行えることは大きなメリットです。今後のOllamaの進化に期待しつつ、利用者が増えることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました