【&Buzzの口コミニュース】がんの小さな変異(一塩基変異)を特定する新しいin vivo塩基編集ツールが研究界で注目を浴びる – バイオマーケットjp/バイオクイックニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

ワイル・コーネル医科大学の研究者らによると、腫瘍の攻撃性や特定のがん患者の治療への反応に、わずか1文字の遺伝子コードの変化が重大な影響を与える可能性があることが明らかになりました。彼らは、新たに開発した非常に精密な遺伝子編集ツールを使用して、この特定の遺伝子変異の影響を前臨床モデルで詳細に研究することができるようになりました。この画期的なツールの詳細は、2023年8月10日にNature Biotechnology誌に掲載された論文「Generation of Precision Preclinical Cancer Models Using Regulated in Vivo Base Editing(制御されたin vivo塩基編集を用いた高精度前臨床がんモデルの作製)」に記載されています。

ワイル・コーネル医学部の生化学准教授であり、この研究の筆頭著者であるルーカス・ダウ(Lukas Dow)博士は、遺伝子工学的手法を用いて、マウスの遺伝子コードをわずか1文字変更できる酵素を備えたマウスを創出しました。この酵素は、ドキシサイクリンという抗生物質を投与することでオン・オフ切り替えることができ、時間の経過と共に不意の遺伝子変異の発生リスクを軽減できます。

また、研究者たちはマウスから得られた腸、肺、膵臓組織のミニチュアであるオルガノイドを培養することも可能であり、これによって遺伝子変異の影響を分子生物学的および生化学的に更に詳細に調査することができます。

この研究の成果は、がん治療や予防の分野において大きな進歩となる可能性があります。腫瘍の攻撃性や治療への反応は、個人やタイプによって異なる場合がありますが、遺伝子の変化がその差に影響を与えることが明らかになりました。これにより、個別のがん患者に合わせたより効果的な治療法や予防策が開発される可能性があります。

&Buzzとしては、この研究の結果が将来的にがん治療の進歩につながることを見守っていきたいと考えています。個人の遺伝子プロファイルに基づいた個別化された治療や予防法は、がん患者の生存率や生活の質を向上させることが期待されます。この研究から得られる知見が、実際の臨床応用段階に進むまでの過程ではさらなる研究と検証が必要ですが、その成果が期待されると同時に、研究者や医療関係者の努力と支援が不可欠であると思います。

この &Buzzニュースは、Biomarket.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました