【&Buzzの口コミニュース】あつあつ山形、ホクホク秋味 6.5m大鍋で日本一の芋煮会フェス | 毎日新聞

&Buzzの一般ニュース

2023年9月18日(月)
特集
連載
特集
連載
媒体
特集
連載
媒体
特集
連載
特集
連載
特集
連載
特集
連載
媒体
北海道
東北
関東
北信越
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄
特集
連載

 「第35回日本一の芋煮会フェスティバル」が17日、山形市の馬見ケ崎(まみがさき)川河川敷で開かれ、直径6・5メートルの大鍋で煮込まれた約3万食の芋煮が提供されました。気温が30度を超える中、多くの人々が河川敷に集まり、山形の秋の味を楽しんでいました。

会場では山形県産の食材である里芋3・2トン、山形牛1・2トン、こんにゃく4000枚、長ネギ3500本が使用され、大鍋「3代目鍋太郎」で調理されました。熱々の芋煮はショベルカーで鍋から配膳用の鍋へ移され、来場者に提供されました。河川敷にはしょうゆや砂糖の甘い香りが広がりました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年と2021年の開催が中止となり、昨年は飲食エリアが制限されましたが、今年は4年ぶりに通常通り開催されました。このフェスティバルは、天候にも恵まれ、多くの人々が訪れ、コロナ禍前の賑わいが戻ったと大場康平実行委員長は話しています。【神崎修一】

【&Buzzの口コミニュース】あつあつ山形、ホクホク秋味 6.5m大鍋で日本一の芋煮会フェス | 毎日新聞

【感想】
マーケティング担当者からの感想としては、この「日本一の芋煮会フェスティバル」は地域の特産品をPRする大変魅力的なイベントです。山形市の馬見ケ崎川河川敷で直径6・5メートルの大鍋で煮込まれた芋煮が提供され、多くの人々が訪れています。&Buzzとしては、地域の特産品を活用した魅力的なイベントには注目し、応援していきたいと思います。特にコロナ禍の影響で中止となった2020年と2021年の開催再開は喜ばしいことであり、地域活性化に一役買っています。このようなイベントは地域の魅力を発信し、観光客を呼び込む担い手となり得るため、今後も積極的に開催されることを期待したいです。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました