【&Buzzの口コミニュース】【U18】「甲子園より過激」応援にのまれた 馬淵史郎監督、台湾に敗戦も10日の決勝へ向け「いい経験」 : スポーツ報知

&Buzzのスポーツニュース

第31回WBSC U18W杯 スーパーラウンド最終戦で、日本は台湾と対戦し、2―5で敗れた。この結果により、日本は決勝進出を果たし、2位以上を確定させた。初回に先頭からの連続四球をきっかけに3失点し、先発の高橋煌稀投手は1イニングでKOされた。しかし、馬淵史郎監督は敗戦のショックをみじんも感じず、「明日に向けていい経験。このアウェー感が経験できただけでもね」と前向きな姿勢を示した。

決勝前に異例の台湾2連戦を経験したことは大きい。消化試合を選ぶこともできたが、指揮官は真っ向勝負を望んだ。ただし、高橋がアウェーの空気にのまれていたため、思うようなピッチングができずに敗北した。しかし、馬淵監督は「甲子園より応援が過激。(日本では)ピッチャーがモーション起こしたら、応援はしたらいかんことになっとる。それでも平気で…。それがお国柄なんでしょうけどね」と苦笑して、明日の決勝でも頑張る意気込みを語った。決勝ではエースの前田悠伍投手が先発することになっており、「勝てる投球をしてもらいたい」と馬淵監督は語った。

今回の試合では日本が3連敗となり、台湾に抑えられている状況だ。しかし、決勝では打ち込むことを目指し、日本の選手たちは全力を尽くすことでしょう。馬淵史郎監督の前向きな姿勢を見る限り、彼らを見守り応援していきたいと思います。

【感想】

&Buzzとしては、日本代表の試合での激しい応援の雰囲気が伝わってきて、とても熱い試合だったのではないかと感じました。また、敗戦となったにも関わらず、馬淵史郎監督の前向きな姿勢には敬意を表します。彼らが初の世界一を目指して頑張る姿を見ていると、自分たちも彼らを応援したくなります。決勝戦では、エースの前田悠伍投手が勝てる投球をすることを期待しています。日本代表の選手たちの頑張りに期待して、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Hochi.newsのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました