【&Buzzの口コミニュース】【阪神】岡田彰布監督、大竹は「サイン分からんかった」マジック7に「片手にならんと強ないもんな、ゴルフも」一問一答 : スポーツ報知

&Buzzのスポーツニュース

JERAセ・リーグ 阪神5―1広島(9日・甲子園)

阪神は今季4度目の7連勝で優勝へのマジックナンバーが「7」になった。対戦成績も広島に勝ち、今季の勝率5割以上も確定し、「10」から3減。大竹投手は6回2/3を5安打1失点で10勝目を挙げた。2回に大竹がバスターで適時二塁打を放ち、7回途中からは継投。9回には岩崎投手がリーグ最多の31セーブ目を挙げた。

岡田監督は試合後、大竹のバスターや打線のつながりについて語り、「7回で替えようかなと思ったけど、マジックナンバーが1点から遠くなった後のピッチャーも元気なので、代えることにしました」とコメント。また、大竹の無四球の成績については、「昨日の刺激もあるのかな。コントロールがいいので連打を食わない。フォアボールが絡まないので大量失点にはならない」と述べました。

岡田監督はマジックナンバーについては、「試合をしたら減っていくので、楽しみにゲームをやっていきます」と話し、さらに「近本も復帰して得点に絡んでいる。それが普通だと思う」ともコメントしました。

感想:

&Buzzとしては、阪神の7連勝と優勝へのマジックナンバーが「7」となったことを大いに喜んでいます。岡田監督も選手たちの活躍に満足しており、マーケティング担当者としては、これからも阪神の快進撃を見守りながら、応援していきたいと思います。特に大竹投手の成績や無四球の安定感は目を引きます。これからも阪神の選手たちが頑張ってくれることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Hochi.newsのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました