【&Buzzの口コミニュース】【野球】阪神・岡田監督のドラフト1位非公表案に賛否「絶対に言わない方がいい」「各球団が決めること」金の卵の人生を左右する運命の一日/インサイド/デイリースポーツ online

&Buzzのスポーツニュース

 阪神・岡田彰布監督は、ドラフト会議前に球団がドラフト1位指名選手を公表しないよう、NPBに公表禁止令を要望しました。彼の狙いはプロ野球界を盛り上げることであり、今年のドラフト会議は4年ぶりに有観客で開催されるため、観客の楽しみや関心を当日まで持たせる必要があると述べました。昨年のドラフトでは、9球団が事前に1位選手を公表して物議をかもしましたが、公表した球団が大どんでん返しすることなく指名したため、盛り上がりに欠けたとの指摘もあります。一方、阪神OBの中田良弘氏は、ドラフト1位非公表が情報戦になることやスカウトの腕の見せどころにもなると主張し、公表しない方がよいと述べています。ドラフトは新戦力を獲得するための重要な場であり、公表することは他球団への牽制や誠意を示す一つの手段です。各球団は自身の戦略や方針に従い、公表するかしないかを決めるべきであり、その結果は注目されるでしょう。&Buzzとしては、ドラフトの展開を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Daily.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました