【&Buzzの口コミニュース】【聴力検査】「ヘッドホン難聴」を甘く見てはいけない…若者に増加中|日刊ゲンダイヘルスケア

&Buzzのヘルスケアニュース

要約:

聴力検査は、防音が施された個室で行われ、低音域(1000ヘルツ)と高音域(4000ヘルツ)の2つの音を聞き分けることが目的とされています。この2つの音が聞き取れれば、ほとんど支障なく日常生活が送れるはずですが、片方が聞き取れない場合には耳鼻科を受診する必要があります。また、騒音作業の職場には、250、500、1000、2000、4000、8000ヘルツの6つの音による検査が義務付けられており、騒音にさらされるような仕事では特に重要です。

感想:

&Buzzとしては、若者を対象とした聴力検査の重要性について、広報活動や啓発活動を見守っていきたいと思います。この記事では、騒音作業や日常生活において、聴力検査がいかに必要かが述べられています。特に若者の間でヘッドホン難聴が増加しているとの指摘があり、若者の耳の健康を保護し、聴力機能の低下を防ぐために、予防策や適切な検査の重要性を啓発していく必要があります。

この &Buzzニュースは、Nikkan-gendai.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました