【&Buzzの口コミニュース】【米国市況】FOMC控え国債利回り上昇、株小反落-ドル148円接近 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

米国債利回りが上昇し、2007年以来の高水準となった。カナダのインフレ率と原油価格の上昇が世界的なインフレ圧力再燃への懸念を高めた。連邦公開市場委員会(FOMC)が長期間にわたって政策金利を維持することを市場が認識したことが相場展開に影響を与えている。FOMCの政策決定が20日に発表されるが、追加利上げが行われる可能性が市場で予想されており、インフレとの闘いで利上げ回数は12回になる。米株式相場は小反落しているが、金利が高く長期間維持されることを予測している。ドル指数は朝方の下げを埋める展開となっており、一連の主要中央銀行の政策発表を待っている。原油先物相場は一時上昇し、資源国通貨も上昇したが、経済成長を抑制するのではないかという懸念もある。金先物相場は4営業日続伸している。

&Buzzとしては、今後のFOMCの政策決定や金利予測に注目したいと考えています。市場は追加利上げが行われる可能性を予想しており、利上げ回数が増えることでインフレとの闘いが続くことになるでしょう。リスクオフのムードと上方向の勢いが争う中、原油価格の動きや資源国通貨の上昇にも注目したいです。また、金価格も上昇しており、主要中央銀行の政策発表を待ちながら方向感を見極めたいです。現在の市況は不確実要素も多く、マーケティング戦略にも影響を与える可能性があるため、市場動向を注意深く見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました