【&Buzzの口コミニュース】【米国市況】株は上昇、強い指標で軟着陸への期待-ドル147円40銭台 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

米国株式相場は上昇、ソフトランディングへの期待が高まる

14日の米国株式相場は上昇しました。力強い経済指標を受けて、長期にわたり高金利を維持しても、ソフトランディング(軟着陸)が実現できるとの期待が再び高まりました。米小売売上高と生産者物価指数(PPI)は予想を上回る伸びを示しました。裁量支出の抑制やエネルギーコストの上昇が要因となり、経済の堅調さが示されました。

個人消費が堅調、米指標の上昇が株式相場を後押し

米指標が相次いで予想を上回ったことで、個人消費の堅調さが示され、株式相場が上昇しました。市場は米経済の成長ストーリーに依然として信頼を寄せており、米利上げのリスクも意に介していません。しかし、欧州経済の見通しが悪化しており、スタグフレーションリスクが高まっていることには注意が必要です。&Buzzとしては、この好調な経済指標を見守っていきたいと思います。

米金融当局はタカ派の姿勢を続けるも、利上げペースは減速か

ウィル・コンペノーリ氏によると、米経済の過熱の兆候が依然として存在しており、米金融当局内のタカ派を勢いづかせるような状況が続いています。しかし、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、金利は据え置かれると予想されています。ただし、予想を上回る経済指標が出れば、利上げ再開の圧力が高まる可能性もあります。&Buzzとしては、市場の動向に注目し、マーケティング戦略に反映させていきたいと思います。

石油価格が大幅上昇、供給不足の懸念が浮上

ニューヨーク原油先物相場は反発し、1バレル=90ドルを上回りました。サウジアラビアとロシアによる供給削減によって「大幅な供給不足」が生じ、価格変動が再び大きくなる恐れがあると国際エネルギー機関(IEA)が警告しています。この供給不足の懸念が続けば、市場に大きな影響を与える可能性があります。&Buzzとしては、原油価格の動向を注視し、関連する企業や業界の戦略に活かしたいと考えています。

金相場はほぼ変わらず、インフレ圧力が根強く続く

ニューヨーク金相場はほぼ変わらずの推移となりました。8月の生産者物価指数(PPI)が予想を上回り、インフレ圧力が根強く続いていることが示唆されました。金には下押し圧力がかかりましたが、個人消費の堅調さや物価圧力の後退が消費を支えているとの見方もあります。&Buzzとしては、インフレの動向に注目しつつ、金市場の変動を見守りたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました