【&Buzzの口コミニュース】【欧州市況】各国の30年債利回りが急上昇、数年ぶり高水準-株続落 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

25日の欧州株は続落し、ストックス欧州600指数はほぼ1カ月ぶりの安値で引けた。中国の不動産業界を巡る懸念が再燃したほか、国債利回りの急騰も影響した。鉱業株が軟調だったのは、鉄鉱石価格の下落が要因であり、中国の不動産不況と恒大集団の清算リスクが心配されている。さらに、旅行・娯楽も大幅に下げており、オンライン・スポーツ賭博企業の英エンテインが売上高の見通しを下回ると警告した。欧州の高級品ブランド株も売られ、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンはピークから20%下落している。

欧州の債市場では、英国、ドイツ、フランス、イタリアの10年債利回りが上昇し、長期にわたって金利が高水準に維持されるとのECBのメッセージが債券市場に伝わりつつある。ドイツ10年債利回りは2011年以来の高水準、30年債利回りは3%に達し、イタリアとフランスの30年債利回りも10年以上ぶりの高水準となった。投資家は今後の動向を注視しており、市場のコンセンサスを探りながら長期債市場が注目されている。

&Buzzとしては、欧州株の下落と債券利回りの上昇という現象に注目しています。中国の不動産業界や恒大集団の問題が再燃し、欧州ブランド株にも影響を与えていることが懸念材料となっています。また、ECBのメッセージが債券市場に浸透し、金利の上昇が続いていることも注目すべきです。今後の動向については見守りたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました