【&Buzzの口コミニュース】【日本人の足跡】南方熊楠の脳を解剖 宇宙睨んだ驚異的“脳力” – 産経ニュース

&Buzzのサイエンスニュース

以下は日本語で処理してください

現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。

ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

※2001年5月23日 産経新聞掲載。敬称略

それは、予想していたよりも小さなものだった。大阪府吹田市の大阪大学医学部基礎研究棟。大学院医学系研究科、米田悦啓教授(45)の研究室の机の上に置かれているのは、ガラスケースの中でホルマリン溶液に浸された人間の脳である。

ケースに張られたシールに、その人の名前が記されている。

〈南方熊楠翁〉

©2020-2023 The Sankei Shimbun. All rights reserved.は、ニュース記事:「【&Buzzの口コミニュース】【日本人の足跡】南方熊楠の脳を解剖 宇宙睨んだ驚異的“脳力” – 産経ニュース」の要約ですが、この要約をもとに

①要約をリライトし、合理的な範囲内で膨らませてください。

これは、大阪大学医学部基礎研究棟の米田悦啓教授の研究室で見つかった、ホルマリン溶液に浸された人間の脳の話です。その脳は南方熊楠翁という人のもので、驚異的な脳力を持っていたようです。これは、人間の脳に関する研究において重要な発見です。今後の研究によって、私たちは人間の脳の機能や可能性についてさらに理解を深めることができるでしょう。この発見は、科学研究の進歩につながるものとして、注目されるべきです。&Buzzとしては、このような重要な研究が行われていることに感動し、今後の研究の成果を見守っていきたいと思います。

②このニュースの内容に対する感想を300文字

&Buzzとしては、この南方熊楠翁の脳の解剖に関するニュースに驚きを覚えます。人間の脳はまだ謎に満ちた領域であり、その解明には多くの研究が必要です。南方熊楠翁の脳のような特異なケースは、私たちにとって重要な知見を提供してくれる可能性があります。このような研究の成果を通じて、人間の脳の機能や脳力の向上につながる新たな発見が期待されます。&Buzzとしては、このような研究が進展し、人間の脳に関する科学の知識が深まっていくことを応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました