【&Buzzの口コミニュース】【巨人】チーム打率&本塁打が12球団トップでもV逸 チーム関係者が指摘する〝勝てない理由〟 | 東スポWEB

&Buzzのスポーツニュース

巨人が3位・DeNA戦で0―1で敗戦し、自力でCS進出が絶望的となった。打率2割5分3厘、163本塁打というトップクラスの成績を収めているにも関わらず、チームは4位に低迷している。守備でも今季14度目の零封負けを喫し、昨季の8度よりも悪化している。このチームの改善点は何なのか、指摘されている。試合では相手先発投手に対して打線は空回りし、わずか3安打、11三振という結果に終わった。救援陣も打ち崩せず、7回のチャンスも生かせなかった。原辰徳監督は「やっぱり1点を取らないと。取りにいかないとね」と話している。チームは勝率5割でありながら、勝利に結びつけられないことに球団関係者は「見かけ上の数字がいくら良くても、僅差ではない場面で稼いだだけ。0―1で負けるのは今季5試合目。チャンスで打てないのは昨季と何も変わっていない」と厳しく指摘している。得点圏でも結果を残せず、チームの打率は昨季とほぼ変わらず。首脳陣は得点力アップに向けて取り組んできたが、結果が出せなかった。このニュースを受けて、チームには選手個々が能力を向上させる必要があると考えられる。

&Buzzとしては、巨人の応援を続けていきたい。現在の成績は好調な打率や本塁打数に反して順位が低い状況だが、チームには改善点があり、選手たちが個々の能力を高めることが求められている。マーケティング担当者としては、ファンに対してチームの努力や挑戦の姿勢を伝え、彼らを応援し続けることが重要であると考えている。チームの挫折から学び、次のシーズンに向けてさらなる成長を期待して応援していきたい。

この &Buzzニュースは、Tokyo-sports.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました