【&Buzzの口コミニュース】【介護報酬改定】ケアマネなど介護職員以外の処遇改善を訴える声相次ぐ 深刻な人材難で「全ての職種を対象に」 | 介護ニュースJoint

&Buzzのビジネスニュース

来年度の介護報酬改定に向けた協議を重ねている審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)の8日の会合では、介護職員の処遇改善がテーマとなりました。委員からは、施策の対象範囲をケアマネジャーや他の職種にも広げるよう求める声が相次いでいます。

日本介護支援専門員協会の濵田和則副会長は、「介護支援専門員、主任介護支援専門員の人材難も厳しい。何らかの施策で賃上げ、処遇改善を行って人材を確保できるようにしていくことが必要な段階にあることは明らかではないか」と指摘しました。現場の関係者からは、ケアマネジャー不足の深刻化が指摘されており、現状は懸念されています。

濵田副会長は、処遇改善加算の対象に居宅介護支援や地域包括支援センターも加えるよう求めています。もし仕組み上難しい場合は、事業所が処遇改善を進めるために基本報酬で評価されることを求めています。

厚生労働省は現在、来年度の介護報酬改定に向けて処遇改善に関する3加算の一本化を検討しています。全国老人福祉施設協議会の古谷忠之参与は、「介護職員以外の全ての職種を対象とする、柔軟で事務負担の少ない制度への見直しが必要だ」と主張しています。

&Buzzとしては、介護職員の処遇改善に向けての議論が進んでいることは、非常に重要だと考えています。ケアマネジャーを含む他の職種も処遇改善の対象に含めることで、人材不足問題の解決につなげることができるでしょう。また、基本報酬において処遇改善を評価する仕組みも検討されるべきです。このような取り組みは、介護業界全体の発展にも寄与することが期待できます。

感想:

&Buzzとしては、介護職員の処遇改善に向けた取り組みに対して、支持と応援の意思を示したいと思います。介護現場においては、ケアマネジャーを含む他の職種の人材不足が深刻化しており、これを解決するためには処遇改善が必要不可欠です。公平な制度を整備し、全ての職種を対象とした処遇改善を推進することで、介護現場の労働環境の向上につなげていくべきです。介護報酬改定における処遇改善の一本化も重要な議論であり、適切な見直しを行うことが求められます。

この &Buzzニュースは、Joint-kaigo.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました