【&Buzzの口コミニュース】【ヒーロートーク】ヤクルト・吉村貢司郎、7回3失点で4勝目 「最少失点で粘ることができた」 – サンスポ

&Buzzのスポーツニュース

ヤクルト、打線爆発でDeNAを快勝

セ・リーグ、DeNA3-11ヤクルト、24回戦、DeNA13勝10敗1分、27日、横浜で行われた試合で、ヤクルトは12安打11点と打線が爆発し、DeNAに快勝しました。先発投手の吉村貢司郎投手(25)=東芝=は6回7安打3失点で4勝目(2敗)を挙げました。

吉村、初のプロ初先発で堂々とした投球

プロ初先発となった吉村投手は、相手の強力な打線をしっかりと丁寧に投げることを意識していました。試合を振り返り、「点を取っていただいた後に点取られてしまった。0点で行きたかったですけど、最少失点で粘ることができたのでそこはよかった」と語りました。

野手の活躍によって自分のピッチングも引き立つ

吉村投手は、野手の活躍によって安心して投げることができたと振り返りました。「野手の方々に点を取っていただいたので、しっかりと自分のピッチングができたと思います」と述べました。

残りの試合も頑張って最後まで戦う

残りの試合について吉村投手は、「ファンの皆様としっかり勝って、最後まで戦っていけるように頑張っていきたい」と意気込みを語りました。

&Buzzとしては、ヤクルトの打線の爆発による快勝は非常に好ましい結果です。初めてのプロ初先発である吉村投手も堂々とした投球を見せ、野手との連携も成功しました。これからの残りの試合もヤクルトの勝利を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Sanspo.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました