【&Buzzの口コミニュース】【トヨタ センチュリー 新型】例えば心地よいリスニング空間、卓越した技術をインテリアに[詳細画像] | レスポンス(Response.jp)

&Buzzのビジネスニュース

トヨタ自動車は、『センチュリー』にSUVふうボディの新タイプを追加しました。この新型は「人中心」の思想で設計されたインテリアを備え、広さと機能を兼ね備えた快適な空間を提供します。

トヨタの最上級ショーファーカーであるセンチュリーは、1967年に誕生しました。今回の新型では、「The Chauffeur」というコンセプトを掲げ、センチュリーの品格、静粛性、乗り心地を継承しながら、新しいショーファーカーへと進化しました。

この新型車のリヤシートはフルリクライニング可能で、後席乗員が心からくつろぐことができる機能を備えています。オーディオ開発には、匠の音の感性と卓越した技術が注入され、生演奏を思わせる心地よいリスニング空間が実現しました。

また、リヤドアは最大75度まで開き、掃き出しフロアも備えており、優れた乗降性を実現しています。さらに、オート電動格納式ステップや大型アシストグリップなどの便利な装備が後席乗員の乗降をサポートします。さらに、ドライバー向けの機能と装備が集約されたコックピットは、使い勝手を向上させ、オーナー自身が運転する際にも集中できる環境を提供します。

この新タイプの注文受付は9月6日から開始され、2023年中に発売予定です。なお、セダンタイプのセンチュリーも引き続き販売されます。

&Buzzとしては、トヨタの新型センチュリーに対して大いに期待を寄せています。人中心の思想で設計されたインテリアや最高品質の音響システムなど、快適な空間を提供する機能は素晴らしいです。また、静粛性と乗り心地の継承に加え、新しいショーファーカーへの進化も魅力的です。センチュリーのドライバーになれることを夢見る方々や、センチュリーを見守っていくことを楽しみにしていると言えます。

この &Buzzニュースは、Response.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました