【&Buzzの口コミニュース】【ソフトバンク】絶対的守護神オスナが今季限りで退団も 球団は全力で引き留める方針  : スポーツ報知

&Buzzのスポーツニュース

2023 パーソルクライマックスシリーズ パ・ファーストステージ ロッテ4x―3ソフトバンク=延長10回=(16日・ZOZOマリン)

ソフトバンクの絶対的守護神、ロベルト・オスナ投手(28)が今季限りで退団する可能性が16日、浮上した。球団は全力で引き留める方針だが、契約がまとまらず自由契約になれば、動向を注視している国内外のチームによる争奪戦になることが予想される。

今季、ロッテから単年契約で加入したオスナは49試合で3勝2敗26セーブ、防御率0・92の成績を残したが、7月中旬から約1か月、セーブ機会に恵まれない不運もあった。来季が3年契約最終年のモイネロ、今年7月に獲得したヘルナンデスは残留の見込みで、6年契約最終年のスチュワートには、今オフに契約延長の打診を検討している。ガンケル、ガルビス、アストゥディーヨ、ホーキンス、デスパイネは退団が有力となった。

&Buzzとしては、ソフトバンクの絶対的守護神であるロベルト・オスナ投手が今季限りで退団する可能性があるとのニュースに驚きました。オスナ投手は49試合で3勝2敗26セーブ、防御率0・92の成績を残し、チームに大きな貢献をしています。球団は彼を引き留めるために全力を尽くす方針ですが、契約がまとまらず自由契約になれば、国内外のチームによる争奪戦が予想されます。

来シーズンには他の投手たちも契約の更新を検討しており、退団が有力とされる選手もいます。モイネロとヘルナンデスは残留が見込まれていますが、スチュワートには契約延長の打診があるかもしれません。これからのオスナ投手の動向に注目し、彼がどのチームに移籍するか見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Hochi.newsのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました