【&Buzzの口コミニュース】【クローズアップ科学】ノーベル賞級の新粒子発見も期待 日本の実験が切り開く新物理 – 産経ニュース

&Buzzのサイエンスニュース

現在、システムメンテナンス中のため、会員記事の閲覧など一部のサービスがご利用いただけません。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。再開予定は2月27日(日)午前5時頃ですが、時間が前後する可能性もあります。詳細についてはこちらをご覧ください。

標準理論である現代物理学の基本法則に修正が必要な可能性がある実験結果が米フェルミ国立加速器研究所などの国際研究チームから発表されました。この実験結果は、新しい粒子や力の存在を示唆するものであり、標準理論では説明できない現象により精密かつ直接的に迫るものです。日本でも同様な実験が始まる予定です。

現在の標準理論では、物質を形作るクォークレプトン、力を伝える粒子、物質に質量を与えるヒッグス粒子など17種の素粒子を用いてほぼ全ての素粒子現象が説明できるとされています。しかし、一方で宇宙に大量に存在するとされる正体不明の「暗黒物質(ダークマター)」など、標準理論では説明できない現象も存在します。

&Buzzとしては、この実験結果により精密な素粒子の研究が進められることを見守りたいと考えています。新たな粒子や力の発見は、理論の修正や新たな物理法則の提案につながるかもしれません。これにより、私たちの知識がさらに深まり、新たな可能性が開かれることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました