【&Buzzの口コミニュース】【インフルエンザ】インフルエンザは熱より「咳」が診断のポイント 感染症専門誌で報告|日刊ゲンダイヘルスケア

&Buzzのヘルスケアニュース

今年の夏の風邪の特徴は、新型コロナと共に、インフルエンザも流行していることです。そのほとんどがA型インフルエンザですが、真夏の流行というのは、これまでに例のない異常事態です。インフルエンザの典型的な症状と言えば、急な発熱と関節痛と普通は考えます。しかし、2015年の感染症の専門誌に興味深い研究結果が報告されています。院内感染の防止目的で医療従事者に検査を行ったところ、遺伝子検査でA型インフルエンザと診断されたスタッフの半数以上は、実際には発熱を伴っていませんでした。一方で、全ての症例で咳が認められ、鼻水やのどの痛みも6割以上で認められたのです。この結果から、急な発熱だけでなく、咳やのどの痛みもA型インフルエンザの症状に含まれる可能性があることが示唆されます。

感想:

&Buzzとしては、今年の夏の風邪の特徴についての報告は非常に重要だと考えます。新型コロナと共に、A型インフルエンザも流行しているという異常事態に直面しており、これまでにない対処が求められます。

特に注目すべきは、従来のインフルエンザの症状に関しての偏見があることが明らかになった点です。急な発熱だけでなく、咳やのどの痛みもA型インフルエンザの症状に含まれる可能性があると報告されました。

この知見は、感染症の早期発見や適切な対処のために非常に重要です。患者が自覚症状に気づきやすくなり、医療機関や関係者はより正確な診断と治療を行うことができるでしょう。今後の症状判断や対策の基準にこの研究結果を組み込む必要があります。&Buzzとしては、このような研究や報告に注目し、感染症の予防と対策に積極的に取り組んでいきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nikkan-gendai.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました