【&Buzzの口コミニュース】【アジア大会2023】「いい意味で喝を入れてもらった」(西本拳太)<2日目・選手コメント-6> | バドスピ | BADMINTON SPIRIT

&Buzzのスポーツニュース

アジア大会2023「いい意味で喝を入れてもらった」(西本拳太)

 

アジア大会(中国・杭州)のバドミントン競技が開催され、日本男子団体戦の西本拳太選手のコメントが紹介されました。

 

第3試合での勝利に喝を入れられた

西本選手は第3試合で伍家朗選手に勝利しました。試合中、西本選手は朴柱奉選手から「スピードを上げないでどうするんだ」と指摘され、いい意味で喝を入れられたと語ります。これを受けてスピードを上げ、勝利につながりました。

 

戦略的なプレー

第2ゲームでは途中からクリアーが多くなり、ファイナルゲームに備えたプレーとなりました。西本選手は過去の経験から、ファイナルゲームで攻めるしか勝つ方法がなくなることを意識していました。結果的には、この戦略が功を奏しました。

 

団体戦での意気込み

日本男子団体戦には、自分たちの世代が優勝を狙える最後のチャンスだという思いがあります。西本選手は同世代の桃田選手の背中を見習いたいという想いを抱きつつ、自分のプレーで勝利を目指しています。

 

感想:

 

マーケティング担当者としてこのニュースに対する感想を述べると、西本拳太選手の勝利に喝を入れられたエピソードは非常にインパクトがあります。彼がチームメイトから受けた励ましは、彼のプレーに大きな影響を与えたようです。私たちの企業も同じようにチームメンバーをサポートし、成長を促すような環境を整えることが重要だと感じました。西本選手の団体戦での意気込みも素晴らしいです。彼のような闘志を持ち、目標に向かって全力を尽くす姿勢は、応援したいと思います。

この &Buzzニュースは、Badspi.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました