【&Buzzの口コミニュース】【「移民」と日本人】埼玉・川口のクルド人問題、トルコ大使に衆院外務委員長が懸念伝達 ビザ見直しにも言及 – 産経ニュース

&Buzzのビジネスニュース

衆院外務委員会の黄川田仁志委員長(自民党)は、埼玉県川口市で起きているクルド人と住民のトラブルについて、ギュンゲン駐日トルコ大使と面会し、懸念を伝えたことが明らかになりました。黄川田氏は、観光目的で入国した一部のクルド人が難民申請をして滞在し続ける事例について指摘し、トルコ国内のブローカーの取り締まりや法令順守の呼びかけを求めました。

また、黄川田氏はイラン国籍の不法滞在者増加に触れ、「そのような事態は日トルコ関係にとって好ましくない」と述べました。ギュンゲン氏はこれに対し、「重く受け止め、本国に報告する」と答え、早期送還に協力する姿勢を示しました。

川口市ではクルド人と地域住民との軋轢が表面化し、市議会は強化された犯罪取り締まりを求める意見書を可決しました。さらに、クルド人グループ同士の争いにより病院周辺に約100人が殺到し、救急の受け入れがストップするという事件も起きました。

&Buzzとしては、このような問題が起きていることは非常に憂慮すべきであり、地域の安全と安心を守るために積極的な対策が必要です。川口市の住民やクルド人の人々が平和に共存できる環境を作るため、政府や当事者による協力と対話が重要です。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました