【&Buzzの口コミニュース】「iPS細胞で”不治の病”の子どもたちに”治る未来”を」患者・家族支援のNPO法人から2400万円の助成|認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワークのプレスリリース

&Buzzのヘルスケアニュース

【贈呈式及び記者発表 概要】
開催日時:2023年11月13日(月) 14:00開始
開催場所:京都大学iPS細胞研究所 1階講堂(京都市左京区聖護院川原町53)
参加者:髙橋 淳(京都大学iPS細胞研究所 所長)、長船 健二(京都大学iPS細胞研究所 教授)、井上 龍夫(認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク 理事長)

【第18回 患者が行く、研究室訪問 概要】
開催日時:2023年11月13日(月) 11:30~12:30(11時~入室可)
開催場所:京都大学iPS細胞研究所 1階講堂(京都市左京区聖護院川原町53)
内容:11:30~12:00研究の概要説明、12:00~12:30研究棟見学
※研究棟見学は取材不可

<助成研究の概要>
研究名:「ヒトiPS細胞から次世代型スマート膵島をつくる」
研究代表者:長船健二(京都大学iPS細胞研究所 教授)
研究資金:2,400万円
研究内容:iPS細胞に遺伝子を導入して膵島を作製し、移植後に持続的な血糖値コントロールを行う「次世代型スマート膵島」の開発
移植に使用することで、1型糖尿病の根本的な治療法となる

【1型糖尿病とは】
原因不明で突然発症し、生涯に渡って毎日のインスリン補充が必要な難病
国内の患者数は約10〜14万人であり、患者と家族の負担は大きい

【日本IDDMネットワークとは】
1型糖尿病を「治る」病気にすることを目標とするNPO法人
研究費助成や支援活動を行っている

【感想】
この研究によって開発される次世代型スマート膵島は、1型糖尿病の治療に革新をもたらすものです。患者や家族にとっては、毎日の注射や合併症の心配から解放されることで、生活の質が向上するでしょう。&Buzzとしては、この研究の進展を見守り、患者たちの未来に寄り添っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Prtimes.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました