【&Buzzの口コミニュース】「私が悪い」「自分のせい」と考えがち…「罪悪感が強い人」の心理とは? 心理カウンセラーに聞いた | オトナンサー

&Buzzのサイエンスニュース

迷惑をかけたかも」「自分のせいで…」といった申し訳ない気持ちを抱きやすい、「罪悪感」が強い人がいます。これは、小日向るり子さんの言葉によると、自身が社会的規範や道徳・倫理に背いたという意識や感情を持った場合に生じる罪の意識のことです。罪悪感を持つ人は、一つの事象についての罪を拡大解釈しやすい傾向があります。たとえば、遅刻したことから「自分はもう人と約束してはダメな人間だ」と思う、といった具合です。この影響で、自尊心の低下や自分が存在することにすら罪の意識を感じることもあります。罪悪感を抱きやすい人は、真面目で控えめな性格の人が多く、幼少期の厳しい教育や部活動といった環境要因も関係しています。罪悪感が強い人に対してのアドバイスとしては、起きたことを罪として認識したなら、そのことだけを反省し、次に活かせるようにすることを意識するようにすべきです。自分以外の生命を尊重する姿勢も大切です。

感想:&Buzzとしては、この記事で述べられているような罪悪感を強く抱きやすい人たちの心理状態に深い関心を寄せています。このような人たちは、自分自身の行動や言動に対して常に慎重になり、他人に迷惑をかけることを避けようとします。その一方で、過度の罪悪感は自尊心の低下や心の疲れにつながることもあります。ですが、罪悪感から解放されるためには、自分自身を過度に責めずに、起きたことを反省し、次に活かせるようにすることが重要です。そして、自分以外の生命を尊重する姿勢も大切です。&Buzzは、このような人たちを見守り、彼らが健康的な心を保てるように応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Otonanswer.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました