【&Buzzの口コミニュース】「獲得するつもりはなかった」 プロ初日にバッサリ…現役14年間を支えた”冷酷”な言葉 | Full-Count

&Buzzのスポーツニュース

野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元日本ハム内野手の杉谷拳士氏は、2008年のドラフト会議で“意中”のファイターズへ入団した。ただ、全てが順風満帆に進んだわけではない。2008年12月10日に札幌市内で行われた入団会見。晴れの舞台の控え室で、当時スカウトディレクターだった大渕隆氏(現GM補佐兼スカウト部長)から厳しい言葉をかけられた。

「本当は獲得するつもりはなかったからね」

大渕氏の言葉にも理由がある。日本ハムではBOS(ベースボール・オペレーション・システム)を導入。自軍の選手だけでなく、他球団の選手やアマチュア選手を独自システムで数値化している。

アマチュア選手は日本ハムの試合に出られるレベルに達しているとなれば指名となるが、当時の杉谷氏は“プロレベル”に達していなかった。ただ、この厳しい言葉が闘争心に火をつけた。

「絶対に見返してやろうと。その一心でした」

現役時代は、どこでも守れるユーティリティ選手として現場から重宝された。絶対的なレギュラーになることはできなかったが、チームには欠かせない存在だった。「エースでも4番でもなかった」という男が、全てを糧にプロ14年間の現役生活を走り抜けた。

このニュースの内容に対する感想

&Buzzとしては、杉谷拳士氏の意地と闘争心に感銘を受けました。彼は最初は日本ハムの評価が低かったものの、厳しい言葉を受けて「絶対に見返してやろう」という強い意志を持ちました。彼の努力と精神力が同じチームに欠かせない存在になるまでの道のりを切り開いたのです。

彼のストーリーは、人々に努力と諦めない姿勢の大切さを教えてくれます。私たちも彼のように困難を乗り越え、自らの可能性を信じ続けることが重要だと感じます。応援したいし、彼の今後の活躍を見守っていきたいです。

この &Buzzニュースは、Full-count.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました