【&Buzzの口コミニュース】「物言う株主」エフィッシモ、東芝TOBへの応募決定=関係筋 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

東芝の株主エフィッシモがJIPのTOBへの応募を決定

9月15日、日本の大手電機メーカーである東芝を巡る公開買い付け(TOB)において、東芝の大株主であるエフィッシモ・キャピタル・マネージメントがJIPによる応募を決定したことが明らかになりました。東芝はアクティビストとしても知られるエフィッシモが保有する9.9%の株式を持っています。JIPのTOBは9月20日まで実施され、成立するには3分の2以上の応募が必要となります。東芝の広報担当者はエフィッシモの応募を歓迎するコメントをしています。

中国が電気自動車の重要素材「黒鉛」で市場を支配

電気自動車(EV)の重要な電池材料である黒鉛は、中国が市場の支配力を持っています。欧米は中国に対抗するため、新たな技術である「人造黒鉛」への投資を進めています。しかし、この分野でも中国は圧倒的な優位を保っており、欧米には苦しい戦いが待ち受けています。

フォード・モーターが米自動車労組のストライキにより従業員を解雇

米自動車大手のフォード・モーターは、全米自動車労組(UAW)のストライキに関連して、ミシガン州の組立工場で働く600人の従業員を解雇すると発表しました。

&Buzzとしては、エフィッシモの東芝TOB応募を見守っていきたい

&Buzzとしては、東芝の公開買い付け(TOB)において、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントが応募を決定したことに注目しています。エフィッシモは東芝の大株主として知られており、その応募が成立すれば今後の東芝の経営に大きな影響を与える可能性があります。そのため、エフィッシモの動向を見守っていきたいと思っています。

&Buzzとしては、中国の黒鉛市場支配に対抗する技術開発を応援していきたい

中国が電気自動車の重要素材である黒鉛市場を支配しているという事実は深刻です。欧米が中国に対抗するために新たな技術である「人造黒鉛」への投資を進めていることは頼もしいですが、中国の圧倒的な優位を考えると苦しい戦いとなるでしょう。それでも、新たな技術開発を応援していきたいと考えています。

&Buzzとしては、フォード・モーターの労働問題に注視しサポートしていきたい

フォード・モーターがストライキに関連して組立工場で従業員を解雇すると発表したニュースは残念です。労働問題は企業の安定的な運営にとって重要な要素です。&Buzzとしては、フォード・モーターの労働問題に注視し、労働者と企業の関係改善をサポートしていきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました