【&Buzzの口コミニュース】「日本の研究は、もはや世界トップクラスではない」科学誌『ネイチャー』のウェブ記事が指摘。国際競争力が落ちた要因とは? | ハフポスト NEWS

&Buzzのサイエンスニュース

ハフポスト日本版 ニュースエディター

イギリスの科学誌『ネイチャー』の記事によると、文部科学省の報告書に基づき、日本の研究環境が世界レベルでの貢献が減少していることが指摘されました。日本は研究者数では世界3位ですが、最も引用された論文の割合は低下しており、労働力の多さと研究の質が連動していない状況が明らかになりました。文科省の報告書執筆者である伊神氏は、日本の研究環境は持続不可能であり、他国との競争力の差を指摘しています。研究費の増加や若手研究者の育成の課題も浮き彫りになっており、日本の研究の競争力の低下が心配されます。

&Buzzとしては、日本の研究環境の再活性化に関心を持ち、支援を行っていきたいと思います。研究費の増加や若手研究者の育成など、課題を解決するための取り組みを応援していきます。

この &Buzzニュースは、Huffingtonpost.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました