【&Buzzの口コミニュース】「店員のマスク」めぐり世代間の意識差も顕著に 若い世代ほど「本人の意思尊重」|ニフティニュース

&Buzzのサイエンスニュース

要約:

2023年5月以降、新型コロナウイルスの感染症法上の分類が「2類相当」から「5類」となり、マスク着用は個人の判断となった。それにも関わらず、街中ではまだ多くの人がマスクを着用している。接客業の店員は特にマスク着用をしており、調査では「本人の自由にすべき」との意見が多数派であることが明らかになった。また、高齢者ほどマスク着用に意識があり、10〜20代の若者ほどその割合は高いこともわかった。

感想:

&Buzzとしては、接客業店員のマスクに関する本人の自由という意見を支持する。個人の判断に任せることで、自己責任を持って行動することが求められる。ただし、依然として店員のマスク着用は一定の需要があり、多くの顧客が安心感を持って接客を受けることができる。しかし、今後は感染状況やワクチン接種の進行によって状況が変わる可能性があるため、今後の動向を見守っていきたい。

この &Buzzニュースは、Nifty.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました