【&Buzzの口コミニュース】「寝不足だと風邪をひきやすくなる」って本当?睡眠と感染症の意外な関係【脳科学者が解説】 – モデルプレス

&Buzzのヘルスケアニュース

寝不足は心身の不調の原因になりますが、実際に睡眠不足と感染症の関係についてはどうなのでしょうか?科学的には「免疫力が下がる」と言われますが、具体的には睡眠が不足することで免疫を担う白血球がエネルギー不足になり、十分な働きができなくなるためだと言われています。睡眠不足には、風邪予防や風邪の回復にも影響があります。

私たちが風邪をひいた時に感じる体のだるさは、白血球が戦っている証拠です。そのため、睡眠不足の状態で無理をすると白血球の働きが十分にできず、感染症の症状が長引いたり悪化したりすることがあります。実際に、睡眠不足が続くと全身性の感染症である「敗血症」に至ることもあるとされています。

睡眠は免疫力を維持し、感染症の予防や回復に不可欠な役割を果たしています。ですので、睡眠不足の状態で頑張り過ぎず、しっかりと休むことが大切です。

&Buzzとしては、この睡眠不足と感染症の関係についての解説は非常に参考になる内容であり、睡眠の重要性を改めて認識することができました。睡眠不足は健康面にも悪影響を与えることが分かりましたが、特に感染症へのかかりやすさには深い関係があることがわかりました。今後も睡眠についての情報発信を見守り、皆さんに良い睡眠習慣を促すためのコンテンツを提供していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Mdpr.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました