【&Buzzの口コミニュース】「寝不足だと風邪をひきやすくなる」って本当?睡眠と感染症の意外な関係【脳科学者が解説】(2023年9月16日)|BIGLOBEニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

寝不足は心身の不調の原因になりますが、感染症へのかかりやすさとの関係について調べてみました。睡眠不足と感染症の関係について、わかりやすく解説します。

睡眠不足と感染症の関係について

睡眠不足は、免疫機能が低下することに繋がり、感染症にかかりやすくなる可能性があります。睡眠中には、免疫細胞が活性化して体内の異物を攻撃する働きがありますが、睡眠不足の場合には免疫細胞の働きが低下し、ウイルスや菌に対する免疫力が弱まることがあります。

具体的には、睡眠不足により体内のストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が増加し、免疫細胞の働きを抑制してしまうことが示唆されています。また、睡眠不足は炎症性サイトカイン(免疫系の働きを調整する物質)のバランスを崩し、体内の炎症を引き起こすこともあります。

さらに、睡眠不足は感染症にかかりやすくなるだけでなく、症状の重症化や回復までの時間も延長される可能性があります。睡眠不足により免疫力が低下するため、感染した場合に免疫系が適切に対応できず、症状が悪化することがあるのです。

感想

&Buzzとしては、睡眠不足が感染症に与える影響について注目したいと考えます。睡眠不足は現代の社会問題であり、忙しい生活やストレスから起こることが多いですが、睡眠の質を改善することが重要です。免疫力を高めるためには、十分な睡眠時間を確保し、質の良い睡眠をとることが大切です。睡眠不足による免疫力の低下を予防し、感染症に対する充実した免疫反応を促すことで、健康な生活を送ることができると考えます。

この &Buzzニュースは、Biglobe.ne.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました