【&Buzzの口コミニュース】「安心してください、履いてません」旅客機での“全裸フライト”が複数企画されたワケ | 乗りものニュース

&Buzzのビジネスニュース

驚愕のフライト!全裸でのバルト海旅行を企画したドイツの旅行代理店

2008年、ドイツのある旅行代理店が、北欧の観光地であるバルト海への旅行で乗客に全裸での搭乗を許可するフライトを企画しました。この企画は、ドイツで広まった「FKK」という先進的なヌーディスト文化に共感を持つ人々によって実現されたものでした。

中止の理由は道徳的懸念

この全裸フライトは、1人あたり499ユーロ(約7万3000円)の旅行代金で、日帰りツアーとして計画されました。乗客は搭乗・降機時には衣服の着用が求められましたが、機内では全裸になることが許されます。しかし、2008年5月に企画中止が発表され、その理由は「道徳的懸念」と報じられました。

アメリカでは全裸フライトが実施

一方、2003年にはアメリカで「原則裸の旅行」をコンセプトとしたチャーター便が実施されました。このフライトでは約100人の乗客が全裸で旅を楽しんだと報告されています。

&Buzzとしては、これらの斬新なアイデアに注目

&Buzzとしては、こうした斬新なアイデアに興味を持ちます。旅行業界は競争が激しくなっており、新たな体験を提供することが重要です。全裸フライトや他のユニークな旅行プランは、顧客に新たな驚きや興奮をもたらす可能性があります。したがって、このような取り組みを見守り、必要ならば応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Trafficnews.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました