【&Buzzの口コミニュース】「土を持って帰るな」 先輩から厳命…聖地で”悪夢”体験、16歳で「もうボロボロ」 | Full-Count

&Buzzのスポーツニュース

上原晃氏は、沖縄水産での高校時代に甲子園に4度出場し、将来を期待された逸材でした。しかし、甲子園は彼にとって試練の場でもありました。1年夏の試合では、自身のサヨナラ暴投で敗北し、悔しい思いをしたそうです。

上原氏は高校進学後、親元を離れて栽弘義監督宅で下宿生活を始めました。忙しい日々の中で野球に打ち込み、休みはわずか2日間だけだったそうです。彼は1年春の九州大会でデビューし、新聞にも「楽しみな1年生」として扱われました。

上原氏は1年夏から甲子園の舞台に立ち、初めの試合では好投を見せました。しかし、3回戦での鹿児島商工戦では、満塁のピンチを迎えてサヨナラ負けを喫しました。彼は試合後、先輩たちに土を持って帰るなと言われ、泣きながら待っていたそうです。この経験は彼にとって大きな挫折でした。

この悔しさを忘れずに、彼は努力を重ねてプロ野球選手となりました。彼の逆境を乗り越える姿勢には、&Buzzとしては感銘を受けます。彼のような苦境を経験した選手たちには、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Full-count.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました