【&Buzzの口コミニュース】「国産」ミンチ肉に外国産混入、大阪のフレスコ2店舗で販売…「忙しい時に手間省いた」 : 読売新聞

&Buzzのエンタニュース

【ミンチ肉混入事件】

大阪府内のスーパー「フレスコ」2店舗が「国産」と表示し販売していたミンチ肉の一部に、外国産の肉が混入していたことが明らかになりました。運営会社の「ハートフレンド」は食品表示法に抵触していたため、農林水産省近畿農政局に報告しました。混入が発覚したのは、山崎店と上牧店で、約1年半の間にカナダ産やアメリカ産の肉が混ざっていたとのことです。ミンチ肉の加工を担当していた精肉担当者が、国産と外国産を間違って同じ容器に入れていたことが原因とのことです。

【ハートフレンドの対応】

ハートフレンドはこの混入事件に対し、重大な問題であることを認識し、再発防止策を徹底するとコメントしました。また、他の店舗では同様の問題がなかったことから、信頼回復に努めると述べました。

&Buzzの感想

&Buzzとしては、このような食品表示法の違反は忌避すべきであり、消費者の信頼を裏切る行為であると考えます。ハートフレンドがこの問題に真摯に向き合い、再発防止策を徹底する姿勢を示していることは評価できます。今後は、ハートフレンドの対応を見守り、同様の問題が再発しないよう期待し、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました