【&Buzzの口コミニュース】「人々を笑わせ、考えさせる研究」が評価される2023年度イグノーベル賞全10部門まとめ、日本人は栄養学賞で受賞 – GIGAZINE

&Buzzのサイエンスニュース

2023年度のイグノーベル賞が発表されました。イグノーベル賞は笑いと考えさせられる研究に贈られる賞で、今年も様々な分野での研究が受賞しました。特に日本人の研究者が栄養学賞を受賞しました。

イグノーベル賞は、日本時間の9月15日に開催された授賞式で発表されました。受賞者にはトロフィーと特別な紙幣が贈られますが、ジンバブエドルは現在では使われていないため、拡大印刷されたものが贈られます。

今年の受賞者には、岩をなめる理由や逆さ言葉を繰り返すことで起こる感覚など、面白く且つ意義深い研究が含まれています。さらに、スマートトイレや電気刺激を用いた味覚操作の研究など、日常生活に直結する研究もあります。

&Buzzとしては、日本人研究者の活躍を見ることができ、彼らの研究の一部が私たちの生活に直接影響する可能性もあるため、将来の展開に注目したいと感じました。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました