【&Buzzの口コミニュース】「世界のどの種にも属さない」宇宙人か メキシコ議会で公開 専門家が調査へ

&Buzzのサイエンスニュース

メキシコ議会が初のUFO公聴会で小さな遺体を公開

メキシコ議会で初めてUFO=未確認飛行物体に関する公聴会が開かれ、そこで公開されたのが小さな遺体とされるものでした。その遺体は大きな目と細長く伸びた後頭部を持ち、宇宙人を連想させるものでした。公開したのはUFO研究家で、彼は「私たちが扱っているのは人間ではない標本であり、私たちの世界の他のどの種にも属さない種であることの明確な証左だと信じます」と証言しました。

メキシコの専門機関が調査に乗り出し

メキシコの専門機関がこの遺体の調査に乗り出しました。メキシコ海軍の衛生科学研究所の責任者は、X線検査やDNA分析の結果、「これらに人間との関係はないと断言できる」と述べています。アメリカでは国防総省がUFOに関する情報を一般に提供するウェブサイトを立ち上げ、NASAも独自のUFO研究チームを設置しています。

&Buzzの感想

&Buzzとしては、未確認飛行物体に関する研究と解明が進められることを見守っていきたいと思います。航空宇宙の安全において、正体不明の現象や存在に対する理解は重要な要素であり、航空宇宙産業の発展にも関わっています。メキシコ議会やアメリカの取り組みを応援し、科学的な分析と研究が進められることを期待します。

この &Buzzニュースは、Tv-asahi.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました