【&Buzzの口コミニュース】「パクチー」が苦手な人は遺伝子変異を起こしていた! – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

パクチー(コリアンダー)は、好き嫌いがはっきりしやすい食材です。好きな人は独特の爽やかな香りに惹かれますが、ダメな人は「石鹸みたいな味」とか「カメムシのような匂い」と表現します。この風味の違いは、遺伝子によるもので、パクチー嫌いの人だけが敏感に感じ取ってしまう匂い成分があるのです。さらにパクチー嫌いの発生率は人種によっても異なることが分かりました。パクチーに含まれるアルデヒドの匂い成分は、石鹸のような香りやカメムシの匂いとも関係しています。したがって、パクチー嫌いの人が「カメムシ味だ!」と感じるのは正しい感覚と言えます。遺伝子の関与により、パクチー嫌いの人がどのようにパクチーの風味を感じるのか、さらに研究が進められています。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました