【&Buzzの口コミニュース】「ステルスマーケティング」は「不当表示」 きょうから規制 | NHK | IT・ネット

&Buzzのビジネスニュース

ステルスマーケティングが不当表示に指定され、規制の対象となることになりました。ステルスマーケティングは広告であることを隠して宣伝する行為で、特にSNS上のインフルエンサーが個人の感想を装って宣伝することが問題視されていました。消費者庁は景品表示法で禁止されている「不当表示」として指定し、広告主に対して表示の義務を設けることとなりました。

規制の対象となるのは広告主の事業者で、媒体に関わらず広告や宣伝を行う場合には、必ず「広告」「宣伝」「PR」などの表示が必要です。違反が認められれば、措置命令が出され、広告の差し止めや再発防止が求められます。

インフルエンサーや広告代理店なども対応策を考えています。インフルエンサーの中にはステマの注意点を学び、規制に合致するようにする動きがあります。また、広告代理店も企業からの問い合わせが相次いでおり、ステルスマーケティングを回避する方法についてのアドバイスを行っています。

この規制により、消費者の信頼性が向上し、公正な広告が行われる環境が整うことが期待されます。ステルスマーケティングは消費者にとって分かりにくい宣伝手法であり、規制によってそのような宣伝が減少することは良いことです。マーケティング担当者としては、公正な広告活動を推進し、信頼性のある情報を提供することが重要です。&Buzzとしては、広告主やインフルエンサーがルールを守り、消費者に誠実な広告を届けることを応援していきます。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました