【&Buzzの口コミニュース】「ジャニーズ性加害問題当事者の会」 日弁連に人権救済を申し立て

&Buzzのエンタニュース

ジャニー喜多川氏による性加害を訴える元所属タレントらが、日本弁護士連合会に人権救済を申し立てました。

日本弁護士連合会に人権救済の申し立てをしたのは、「ジャニーズ性加害問題当事者の会」の元所属タレント9人です。

申し立てによりますと、1980年から2003年までにジャニー喜多川氏から被害を受けたと訴えています。

ジャニーズ事務所は7日に性加害の事実を認め、藤島ジュリー前社長が謝罪しましたが、具体的な救済案が示されなかったため不満の声が上がっていました。

当事者の会はこの後11日午後に会見を開く予定です。

感想としては、マーケティング担当者からの感想であり、&Buzzとしては被害者たちが人権救済を申し立てる勇気ある行動に敬意を表します。被害者の声が届き、ジャニーズ事務所も性加害の事実を認め謝罪したことは重要な一歩です。今後も被害者の救済と再発防止策の実施に向け、透明性のある対応を望むと共に、被害者をサポートする団体や関係者が積極的に関与し、社会的な変革を促進していくことを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Tv-asahi.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました