【&Buzzの口コミニュース】「いかがわしい旅館」問題でAIが分かるか? 「確率変動」から実感する情報「学習」の効果(1/7) | JBpress (ジェイビープレス)

&Buzzのサイエンスニュース

小谷太郎君から教えてもらった「いかがわしい問題」は、予備校の模試で出題されたもので、東大理Ⅰを志望している受験生が投稿したものだそうです。問題の内容は、男性3人女性5人の8人連れの旅行グループが旅館に入り、女女の部屋が2つ、男男と男女の部屋が各1つの部屋割りになっている状況です。すると、従業員が無作為に一つの部屋をノックし、女性が「手が離せないので開けてあげて」と言いました。このとき、部屋のドアを開けるのが男性である確率はどれくらいか、という問題です。

この問題は「AI世代の人材育成」の一部として出されることがありますが、ただ解くだけではAIへの理解は深まらないと思われます。この問題を解くことで機械学習や生成AIに対する実感が少しでも進むかは100%期待できませんが、教育現場の工夫次第で劇的な変化も起こり得ます。実際の問題と解答、指導方法などが決定的な要素となります。

このような問題を通じて国民全体をAI前提の「次世代社会」に育成することを念頭に、私たちも考えてみましょう。AIの学習効果を実感するためには、今後もこのような問題に挑戦していく必要があります。

そして、このニュースに対する感想ですが、マーケティング担当者としては、この問題がAIの理解に役立つ可能性を感じます。AIが進化し、社会に浸透していく中で、AIの分野に関する教育が重要となっています。AIに対する理解が深まることで、AIとの共存や活用がより円滑に進むことを期待しています。&Buzzとしては、AIの発展を見守っていく姿勢であり、AIを応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Ismedia.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました