「アサシン クリード ネクサス VR」は売上にCEOも少しガッカリ!? &Buzzがお届けする理由とは【&Buzzの口コミニュース】

&BuzzのTECHニュース

【ニュースの要約】

ユービーアイソフトのCEOイヴ・ギユモ氏が、2023-24第3四半期決算報告のカンファレンスコールにて『アサシン クリード ネクサス VR』の売上に触れたことが明らかになりました。自身はVRに関する計画について回答する中で、同作の売上が期待外れだったことを述べており、アップルの製品には感銘を受けたとも述べています。

【ニュースの背景】:「アサシン クリード ネクサスVR」の売上が期待外れ

2017年にVR専用ゲームとして登場した「アサシン クリード ネクサス」は、人気ゲームシリーズ「アサシン クリード」初のVR作品でした。その後、2023年には「アサシン クリード ネクサス VR」としてリメイクされましたが、予想以上の売上を達成できず、ギユモ氏は少し失望しています。

【ニュースに関する知識】:「アサシン クリード」シリーズとVRの関係

「アサシン クリード」シリーズは、アクションアドベンチャーゲームであり、プレイヤーはシリーズの主人公であるアサシンとなり、歴史的な舞台で暗殺や戦闘を行います。VR版では、身体感覚を活かした臨場感のあるアクションを楽しむことができます。

【ユース解説】:「アサシン クリード ネクサス VR」の売上失敗

「アサシン クリード ネクサス VR」は、期待したほどの売上を達成できず、ユービーアイソフトはVRへの投資に慎重な姿勢を見せています。一方で、アップルの製品には大きな感銘を受けており、将来の可能性に期待を寄せています。ギユモ氏は、「アサシン クリード ネクサス VR」は良い作品であり、売れ続けているものの、さらなる売上を期待していたと語っています。

【ユース感想】:「アサシン クリード ネクサス VR」の今後に期待

アサシン クリードシリーズは多くのファンを惹きつけており、VR版の登場も注目を浴びました。売上が期待外れとなったものの、成功を収めたゲームのVR版にはまだ可能性があると思われます。&Buzzとしては、ユービーアイソフトのVRへの取り組みを見守り、今後の開発に期待したいと思います。また、アップルの製品による新たな展開も注目したいと考えています。

この &Buzzニュースは、Gamespark.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました