フクニチ住宅新聞社 | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |
HOME 記事を読む フクニチ住宅新聞について 不動産データ販売 会社概要 購読お申し込み
←戻 る
2012年6月22日号の主な記事
西鉄が「中古マンション」をリノベーション
 西日本鉄道()は、中古マンションを1棟丸ごとリノベーションして販売する「1棟リノベーション分譲マンションプロジェクト」で、第1号物件となる「サンリベラ・プライム天神大名レジデンス」(全51戸)を10月から販売する(販売戸数50戸)。天神中心部から徒歩約9分と新築マンションでは手に入りにくい都心に立地。新築より約2割安い価格など、リノベーションの可能性を見せる好例といえる。同社は今後、「サンリベラ」のブランド名で福岡市中心部にリノベーションマンションを年1棟程度、手掛けていきたいとしている。

 「サンリベラ・プライム天神大名レジデンス」の場所は福岡市中央区大名2丁目で、地下鉄「赤坂」駅から徒歩約3分。都心の利便性を享受できる人気エリアだ。一帯は新築の余地がほとんどなく、リノベーションの優位性を物語っている。新しい住まいの選択肢として注目される。


 物件は築20年の14階建て高級賃貸マンション(41)で、敷地面積1312・62u、建物面積5228・99u(リノベーション後)。昨年10月に買収し、今年4月から大規模修繕を行っている。内装を撤去し、スケルトンにして配管類など設備の刷新を行い、居室、エントランス、ロビー、外構の植栽、外観まで総合的にやりかえる。改修後は戸数が10戸増えて51戸となる。

 間取りは1LDK(6戸)、2LDK(7戸)2LDK+S(1戸)、2LDK+DEN(8戸)、3LDK(11戸)、4LDK(17戸)。予定販売価格は1800万円台〜6500万円台で予定最多販売価格帯は1900万円台、3200万円台、3600万円台の各4戸。新築より坪単価は約2割安い。

 間取りや仕様などを変更できる豊富なアレンジプラン、オプションを揃えている。間取りでは16タイプのベーシックプランを基本とし、それぞれのプランに1〜2タイプのバリューアッププラン(有償)を用意。また洋室を和室へ、2部屋を広い1部屋へといったことも可能(有償)。内装色も数種類の中から選択できる。サッシに内窓をつけて二重窓にしたり、キッチン周りのグレードアップも有償でできる。

 予定では8月から物件説明会を開始。10月に棟内モデルルームオープン。来年3月に共用部および専有部の一部住居が竣工、順次引渡しを開始する。専有部全戸が竣工するのは同6月の予定。

 同社の松尾利浩マンション事業部長は、「当社のサンリヤンシリーズと同等のグレードで、価格を新築より2割抑えた。室内カラーも選択でき、新築並みの安心感がある。今後は大名、赤坂、大濠、薬院などの福岡市中心部で、年間1棟、4050戸程度を手掛けていきたい」と話す。

 リベーションの対象となるのは、建築確認日が1981年6月1日以降の新耐震基準による建物で、賃貸や社宅として使用されていた中古マンションが中心。国土交通省認定の第三者機関による建物の事前診断を受け、指摘箇所を含めた改修工事を行って、建築確認申請時の新耐震基準を担保する。

 一般社団法人リノベーション住宅推進協議会が定めるR3住宅適合基準を満たし、西日本エリアでは初となる「R3マーク」を取得予定。

 ホームページおよび販売センターで、販売価格や販売スケジュールなどの最新情報を随時公開していく。

  ▽「サンリベラ・プライム天神大名レジデンス」販売センター

 ▽フリーダイヤル0120-242-370

 ▽ホームページアドレス : http://www.nishitetsu-renovation.jp/

←戻 る

| HOME | 記事を読む | フクニチ住宅新聞について | 不動産データ販売 | 会社概要 | 購読お申し込み | お問い合わせ | 個人情報保護方針 |

Copyright